SKALEテレグラムチャンネルでは、SKLトークンの保有者が負担する高額な手数料について多くの質問を受けます。SKLトークンの手数料は、EthereumメインネットとSKALEネットワークの相互運用性に関係しています。この相互運用性はネットワークの主要な機能であるものの、私たちは課題があることを理解しています。

この記事では、ネットワークがどのように機能しているかを説明し、特定のトークン・オペレーションにおけるガス料金が高額である理由について背景を説明します。また、トークン関連のガス料金を削減するための直近の改善点を説明し、手数料関連の課題に対応するための今後の作業についても詳しく説明します。先月はトークンを送信するための手数料が約70%も削減されました。今後も最適化が進み、ステーキング手数料を削減するための戦略を考案していく予定です。

SKALE + Ethereum

他のレイヤー2ネットワークやいわゆるETHキラーなプロジェクトとは異なり、SKALEネットワークはそのセキュリティと機能の多くをEthereumメインネットに紐づけています。例えば、すべてのバリデーターとデリゲーターのステーク、チェーンスポンサーシップのステークは、Ethereumネットワーク上に存在します。さらに、25以上のSKALEスマートコントラクトがメインネット上で動作し、チェーン作成、バリデーター登録、ノード選択、ノードローテーション、ステーキング、報酬の支払い、スラッシュなどのネットワーク機能をコントロールしています。SKLのオペレーションに必要な手数料について違和感を感じるかもしれませんが、SKALEは同レベルのメインネットプロジェクトのセキュリティ関係やオペレーション上の接続に対応していないネットワークとの比較であることに留意してください。

つまり、SKALEを使用する際にはEthereumも使用することになり、ステーキングやトークンの送信にはガス料金の支払いが必要になります。SKLのステーキング手数料はすべてEthereumに直接支払うメインネットのガス料金であり、SKALEノードやSKALEネットワークには支払われません。

SKALEネットワークの仕組み

SKALEネットワークとEthereumメインネット接続の動作を説明するために、SKALEがどのように機能するかについて一例を紹介します。開発者は、チェーンのサイズ(小、中、大)、チェーンの期間(6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月)を選択してSKALEネットワーク上にチェーンを作成し、ネットワークリソースを提供するためにSKALEトークンをステーキングします。SKALEトークンは、SKALEコントラクトを介してEthereumメインネットにステークされます。毎月、このステークの中から一定額のトークンが報酬プールに移動し、ネットワーク上のバリデーターに対する支払いに使用されます。

また、インフレーション(新規発行)イベントも毎月行われ、Ethereumメインネット上のコントラクトによって新しいSKALEトークンが作成され、バリデーターへの支払いのために報酬プールにプッシュされます。例えば、ネットワーク上に1,000人のバリデーターノードが存在し、全ノードが正常に機能している場合、各ノードはステーキングと新規発行によって構成される報酬プールから毎月報酬を獲得します。

これらの報酬の支払い方法については、Ethereumメインネットがどこでどのように使用されているかを示しています。報酬の計算と分配のプロセスは、各エポック(暦月)の終わりにSKALEネットワークの各ノードによってトリガーされます。しかし、ノード自身は何らかのプロセスを実行する必要はありません。その代わりに、Ethereumメインネット上で実行されているスマートコントラクトの呼び出しをトリガーします。

バリデーターのコミッション手数料とデリゲーターの報酬は、コントラクトの中でその時点のエポックに応じて計算され、最終的にバリデーターとデリゲーターによって出金することができるようになります。バリデーターとデリゲーターによる出金は、Ethereumメインネット上で動作するSKALEコントラクト上の機能を介して行われます。Ethereumメインネットへの依存は、重要なネットワーク・オペレーションのためのSKALEネットワークに意図的に設計された機能です。

デリゲーターのためのガス最適化

デリゲーターによるトークンのステーキングは、簡単なオペレーションにみえますが、ステーキングはEthereum上で行われるため、チェック項目が少し複雑になります。デリゲーターによるステーキングのワークフローについては、ネットワーク報酬とデリゲーションワークフローの記事で詳しく説明しています。
https://skale.network/blog/network-bounties-and-delegation-workflow/

現在のところ、ピーク時にはガス料金が100ドルを超えることもあるため、少額のSKLを保有することは経済的に不可能となっています。これは大きな課題であり、トークンの少額保有者に不均衡をもたらしています。現在の改善計画は以下の通りです。

1 - 開発者はステーキング機能のガス使用量の最適化を目指しています。これは信じられないほど大変で時間を要します。今後も継続的に改善し、最適化していきたいと考えています。

2 - バッチ処理されたステーキング・メカニズムのための製品があります。プラットフォームを介してステーキングしている場合、多くのユーザーからのすべてのリクエストを1つのスマートコントラクトに束ね、バッチ処理でプッシュすることができます。これにより、個々のステークホルダーのコストを大幅に削減することができます。また、グループ・アンデリゲート・オプションを使用して、月毎にリクエストを束ねることができます。

3 - ステーキング報酬を自動的にデリゲートする方法を検討しています。しかし、実現は非常に困難です。何故なら、Solidity(スマートコントラクトを作成するためのプログラミング言語)は非常に複雑だからです。私たちは、ガス代と複利還元のコスト削減の観点からその価値を理解しています。この機能は研究中ですが、構築するのは非常に困難です。

最後に皆さんにお伝えしたいことがあります。一度ステークしてしまえば、毎月報酬を請求する必要はありません。あなたが報酬を請求する度にガス料金が発生します。1年に1回、もしくはそれ以上の頻度で請求することで、コストを大幅に削減することができます。

ネットワーク・オペレーションの最適化

トークンの使用において手数料が発生するもう一つのカテゴリーは、ネットワーク・オペレーションです。メインネット上で実行されているSKALEスマートコントラクトは、チェーンの作成、バリデーターの登録、ノードの選択、ノードローテーション、ステーキング、報酬の支払い、スラッシュなどをコントロールします。SKALEコアチームは、効率化のために改善を続けています。

現在、dAppsとバリデーターの最適化が進められており、ネットワーク全体の摩擦を減らし、SKALEの拡大に貢献しています。

分散型Web3クラウドの構築

Ethereumメインネットを重要なネットワーク・オペレーションに使用するには、コストが発生するものの、レイヤー1としての有効性は無視できません。また、SKALEのネットワーク・オペレーションだけでなく、SKALEネットワーク上のステークを確保するためにEthereumメインネットを使用することは、競争上における優位性があります。開発者に最適なネットワークを提供することで、高スループットのSKALEチェーンを使用することができ、1秒以下のファイナリティとゼロガス料金を提供することができます。これにより、高評価と信頼を得ているレイヤー1のセキュリティを維持することができます。

SKALEとEthereumの接続は、スケーラビリティに関する課題に対応し、Ethereumの採用を拡大するための高スケールな実行レイヤーを提供するSKALEのコア機能です。最終的には現在使用している中央集権的なオペレーションの多くを置き換える完全な分散型Web3クラウドを実現することになります。

参照先:https://skale.network/blog/the-skl-token-and-ethereum-mainnet-fees/?fbclid=IwAR3zQnlcx12FuVWNeDTAfr2wWG2_8IvzQUXqQUnN5ZjUdk5dPbJQ8h5t14c