市場の混乱を目の当たりにすると、いつでも興奮するものですが、今回は特にSKALEと、分散化、ガスレスのトランザクション、不変台帳(ブロックチェーン)の利点をご紹介したいと思います。Covey.ioは、アナリストがポートフォリオ分析を複数のコミュニティで共有することを可能にし、またヘッジファンドや投資期間が取引戦略を最適化するのに役立つ株式取引レベルの「アルファ・キャプチャー」データを照合することを可能にするDAppです。

この「アルファ・キャプチャー」データは、投資会社やウォール・ストリート・ファンドにとっては宝の山であり、彼らは現在、このサービスのために投資銀行や証券会社に年間3億ドルをお支払いしています[1]。また、アルファ・キャプチャーは、世界の取引手数料の4.8%に相当すると推定されています[2]。 アルファ・キャプチャーは、ユーザーのトランザクションデータを販売することで手数料を相殺しているため、個人向け投資プラットフォームの取引手数料を低く抑える上でも重要な役割を果たしています。 Coveyは、知的取引戦略の報酬を獲得する機会をはじめて一般に公開し、ユーザーに更なる透明性を提供する分散型環境で運営します。

Coveyは、投資戦略設計のために取引レベルデータを収集することに加え、投資家に洗練された疑似ポートフォリオ取引のセットを提供し、投資家のアイデアを追跡して共有することを可能にします。Coveyが他のポートフォリオ共有ソフトウェアと異なる点は、投資家の業績に応じて、仕事やダイレクト決済で報酬を獲得することができるところです。採用担当者や大規模なファンドは、実績ある多様な人材を見つけるためにCoveyを利用しています。

「私たちは投資家に、投資アイデアを追跡・共有するための疑似ポートフォリオを提供します。投資家はコミュニティ(大学、元雇用者、趣味等)に組織され、他の投資家と競い合いながら学んでいきます。私たちの目標は、最高の投資家から実績に応じた報酬を、仕事やダイレクト決済(別名:アルファ・キャプチャー)を通じて獲得することです。」
Covey.io CEO Brooker Belcourt氏

世界初のオンチェーン・トレーディング・コンペティションへの参加方法については、こちらをご覧ください:あなたの投資アイデアでお金を貰う - Covey.io

詳細はこちらをご覧ください:

Covey.io

SKALE開発者はCovey.ioブロックチェーンのエクスプローラーを使用:https://skale-mainnet-explorer.skalelabs.com/#/schain/rhythmic-tegmen

オープンソースのBlockScout SKALEエクスプローラーをいち早く確認したい方は:http://rhythmic-tegmen.explorer.mainnet.skalenodes.com/(コアチームは、BlockScoutチームの素晴らしいオープンソース・プロジェクトにエールを贈ります)

SKALEウェブサイト:https://skale.network

SKALEを利用したプロジェクトに興味のあるDApp開発者の方は、SKALEイノベータープログラムにご応募下さい:https://skale.network/innovators-signup

Discordに参加:https://skale.chat

DAppをSKALEにデプロイするためのドキュメント(開発者ポータル):https://skale.network/docs/

SKALE(SKL)トークンの詳細については、SKLトークンページをご覧ください:https://skale.network/token/

SKALEについて

SKALEは、安全で分散化された高性能なEthereumブロックチェーンを無制限に組み合わせたマルチチェーン・ネットワークです。これらのSKALEチェーンは、世界中の何十億ものユーザーにWeb3を提供することを目的として作られました。SKALEの高度な暗号技術とプールされたセキュリティモデルは、高速で安全かつ分散化されており、開発者はガス手数料やレイテンシーなしにエンドユーザーに素晴らしいユーザー体験を提供することができます。SKALEのモジュール式で拡張可能なプラットフォームには、EVM機能、ファイルストレージ、チェーン間メッセージング、機械学習機能などが含まれていますが、オープンソースであり、開発者が必要に応じて最善のソリューションを簡単に使用できるように設計されています。このアーキテクチャにより、アプリケーションは中央管理者に依存することなく、SKALEチェーン上で完全に実行することができます。SKALEネットワークは、SKALE Labs, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ)をはじめとする多くの開発者が参加するオープンソースプロジェクトです。

SKALEネットワークの支援者には、Arrington Capital、Blockchange、ConsenSys Labs、Hashed、HashKey、Floodgate、Multicoin Capital、Recruit Holdings、Signia VP、Winklevoss Capitalなどが存在します。SKALEネットワークは、01NODEAnkrAnonstakeAudit OneBlockdaemonBlockwareChainflowChainodeChorus OneCypher CoreDokia CapitalFigment NetworksFreshSkaleHashed x DELIGHTHashquarkStakedStakinStake With UsWolfEdge Capital、Staking Facilitiesなど、世界でもトップレベルの検証機関の多くに支持されています。SKALEネットワークは、Binance、Coinbase、FTX、Gemini、Huobi、OKExなど、世界の25の取引所に上場しているSKLトークンを利用しています。詳細については、www.skale.network、Twitterでは@SkaleNetwork、Telegramでは@skaleofficialをご覧ください。


[1]http://www.integrity-research.com/trade-ideas-programs-will-expand-mifid-ii-according-tabb/[2]https://www.globenewswire.com/en/news-release/2017/02/21/925897/0/en/Alpha-Capture-to-Gain-Momentum-through-Regional-Expansion-and-Impact-on-Global-Regulatory-Needs-Details-TABB-Group-Study.html