主なユースケース:DeFi、分散型マーケットプレイス、現実世界の資産のトークン化、投資家コミュニティ、アカウント不要のNFTとトークンの送金、ソーシャルメディアなど、初のマルチチェーン・ネットワークを実現します。

カリフォルニア州サンフランシスコ - 2021年7月29日 - Web3を稼働させるための無制限なEthereumブロックチェーン上のマルチチェーン・ネットワークであるSKALEネットワークは、本日メインネット上で稼働する初のDAppsを戦略的にロールアウトすることを発表しました。SKALE IMAブリッジのリリースに伴い、アプリケーションはSKALEのスピード、セキュリティ、パフォーマンスをEthereumと接続して活用できるようになりました。初となるDAppsは、メリット、パフォーマンス、特定のユースケースに基づいて、数百の中から手作業で選ばれました。選ばれたアプリケーションは、すでにSKALE Innovator Programに登録されている数百のアプリケーションに対して道を示すことになります。

初期のローンチパートナーには、Boot.Finance、Covey、CurioDAO、Human Protocol、Ivy、Mindsが含まれます。これらの企業は、今夏、SKALEチェーンにDAppsやプロトコルをリリースする予定です。これらの新しいDAppsは、SKALEのユーザーベースを全世界で数百万人規模に拡大します。

本日発表された各DAppsとプロトコルは、それぞれのアプリケーションに特化したSKALEチェーンを使用し、初となる真の分散型ブロックチェーン・インターネットを実現します。SKALEは、Web3を数十億人のユーザーに提供するために構築された、安全で分散化された高性能なEthereumブロックチェーンで構成されるマルチチェーン・ネットワークです。SKALEのプールされたセキュリティモデルは、スピード、セキュリティ、分散化の調和を可能にし、開発者は、ガス手数料や遅延(レイテンシー)のない素晴らしいユーザー体験をエンドユーザーに提供することができます。

「Skaleネットワークは、現在のエコシステムの中で最も革新的で強力なL2スケーリング・ソリューションの1つであると考えており、提携できることを大変嬉しく思っています。この技術は、我々が市場で見てきた他のどの製品よりもはるかに先を進んでおり、チームは不要なものを構築するのではなく、秘密裏に開発に焦点をあててきました。」

Boot.Finance コア・コントリビューター

「最高の投資家を見つけるために、Coveyはすべての投資家の取引データをオープンかつ不変の台帳に記録しています。そのために私たちは、Ethereumを使いはじめましたが、高い取引手数料のために実現することができませんでした。スケーラビリティ・ソリューションが必要であることはわかっていましたが、SKALEは私たちが必要としていたものを、Ethereumに接続した上でリーズナブルなコストかつ驚くべきスピードを持つ製品を提供していただけたことで、稼働を開始できることを大変嬉しく思っています。また、covey.io/openコミュニティに参加して、バーチャル・ポートフォリオを作成し、パフォーマンスを共有し、あなたのアイデアをSKALEブロックチェーン上に今すぐ記録することができます!」

Covey 創業者 Brooker Belcourt氏

「ブロックチェーン技術を使用することで、HUMAN Protocolは、特にAIやMLアルゴリズムのトレーニングに関して、次のレベルの自動化を進めることができます。これを達成するために、私たちは、分散型市場における雇用創出と検証のためのエンド・ツー・エンドのプロセスを合理化できるレイヤー1およびレイヤー2のソリューションの機能を検討しました。これには、決済、作業証明、オンチェーンデータの活用、多数のデータラベリングツールとの統合が含まれます。その中でも、SKALEは高いスループット、トランザクション容量、低レイテンシーを提供し、Ethereumとの下位互換性によって容易に統合することができます。」

HUMAN Protocol テクノロジー&クリプト 取締役 Harjyot Singh氏

「CurioDAOは、ブロックチェーン上で次世代における現実世界の資産をトークン化するための最も効率的な方法であると考えており、投資家が最高の体験をできるようにしたいと考えていました。SKALEを活用することはまさにそのために重要なのです。SKALEは、取引所やファーミングのガス手数料を必要なときだけEthereumを利用してほぼゼロにすることでガス手数料を削減し、高速なスループットと高速なブロックファイナリティを実現し、素晴らしいエンドユーザー体験を実現するための重要な要素です。」

CurioDAO 共同設立者 Fernando Verboonen氏

ローンチパートナーの概要と主な用途

Boot.Financeは、SKALEネットワーク上でローンチされる分散型の流動性プロトコルです。8月にローンチされたBootは、当初はステーブルコインのスワップに焦点を当てており、単一サイズのプロトコルでは提供できないカスタムAMM機能(およびボンディングカーブ)を必要とする他のDeFiプロトコルのコア・ビルディング・ブロックです。Boot Financeのコアは、Swerve Finance(Curveのフォーク)の初期のコントリビューターとサポーターで構成されており、TVLが10億ドル近くまで急成長させた経験を活かして、コミュニティとプロジェクトが長期的に成長するようにプロトコルのインセンティブを設計しています。

詳細については、http://boot.financeをご覧ください。

​​Coveyは、最高の投資家を探しています。Coveyはすべての投資家に擬似的なポートフォリオを提供し、彼らの投資アイデアを追跡し、共有することでこれを実現しています。Coveyが他のポートフォリオ共有ソフトウェアと異なるのは、投資家のパフォーマンスに応じて仕事やダイレクト決済を行うことで報酬を得ようとしている点です。リクルートや大規模ファンドは、実績のある多様な人材を見つけるためにCoveyを利用しています。

詳細については、https://covey.io/をご覧ください。

CurioDAOは、現実世界の資産をトークン化するためのプラットフォームです。独自のクロスチェーン・ソリューションにより、ユーザーはCurioInvestを介してFerrari F12tdfアセットトークンなどのトークン化された車に投資したり、DEXを介してCurioDAO DeFi CGTで稼ぎ、コミュニティの一員となることができます。最終的には、現実世界の資産のトークン化を加速させるだけでなく、コミュニティが投資判断やエコシステムの有用性を管理できるようにしたいと考えています。

詳細については、https://capitaldex.exchangeをご覧ください。

Human Protocolは、分散型マーケットプレイスを強化するためのハイブリッド・フレームワークを提供します。HUMAN Protocolは、グローバルネットワークを介してタスクを調整するための広範に適用可能なソリューションを提供することで、作業リクエストと決済送金を自律的に作成、決済、自動化することができます。HUMAN Protocolは、労働力の分配、評価、組織化、補償をよりシームレスに組織化するためのブロックチェーン技術を搭載しており、分散型の労働市場を構築するための完全に監査されたオープンソースのフレームワークを提供しています。

詳細については、https://www.humanprotocol.org/をご覧ください。

​​Ivyは、既存のアカウントや新しいアプリを必要とせずに、ユーザーがNFTやトークンを取引する方法を提供します。QRコードをスキャンするだけで、既存のブラウザを使用してユーザー間でトークンを移動させることができます。インストールやアカウントの作成は一切不要で、必要なのはスキャンのみです。SKALEのスピードとゼロに近い取引手数料のおかげで、Ivyを使用することで、誰かに1ドル札を渡すのと同じ感覚で、容易に暗号資産を渡すことができます。Ivyは、8月にSKALEネットワーク上でサービスをローンチし、まったく新しい方法でトークンを移動させるユニークなユースケースを提供します。

詳細については、https://ivy.cash/をご覧ください。

Mindsは、オープンソースで分散型のソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームです。ユーザーはコミュニティに貢献することでMindsトークンを受け取ることができます。400万人以上の登録ユーザーを持つ彼らの目標は、コンテンツクリエーターがインターネットの自由、利益、ソーシャルリーチを取り戻すための新しいモデルを構築することです。

詳細については、https://www.minds.com/をご覧ください。

今週初め、SKALEネットワークは、SKALE / Ethereumの送金にセキュリティ、高速送金、カストディの維持、コスト効率、カスタマイズを提供するSKALE IMAブリッジを発表しました。SKALE IMAブリッジは、BLS署名、Ethereumメインネットのスマートコントラクト、Proof of Stakeコンセンサスなどのユニークな設計を採用しています。開発者やユーザーは、ETH、ERC-20、ERC-721、ERC-777、ERC-1155トークンを含むデジタル資産や、一般的なデータメッセージングを安全かつ経済的に送金することができます。詳細については、SKALE IMAブログをご覧ください。

SKALEについて

SKALEは、安全で分散化された高性能なEthereumブロックチェーンを無限に組み合わせたマルチチェーン・ネットワークです。SKALEチェーンは、世界中の何十億人ものユーザーにWeb3を提供することを目的に構築されました。SKALEの高度な暗号技術とプールされたセキュリティモデルは、高速で安全かつ分散化されており、開発者はガス手数料や遅延(レイテンシー)なしにエンドユーザーに素晴らしいユーザー体験を提供することができます。SKALEのモジュール式で拡張可能なプラットフォームには、EVM機能、ファイルストレージ、チェーン間メッセージング、機械学習機能などが含まれています。また、オープンソースで開発者が必要に応じて最適なソリューションを容易に使用できるように設計されています。さらにこのアーキテクチャにより、アプリケーションは中央機関に依存することなく、SKALEチェーン上で完全に実行することができます。SKALEネットワークは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くSKALE Labs, Inc.をはじめとする多くのコントリビューターが参加するオープンソースプロジェクトです。

SKALEネットワークのサポーターには、Arrington Capital、Blockchange、ConsenSys Labs、Hashed、HashKey、Floodgate、Multicoin Capital、Recruit Holdings、Signia VP、Winklevoss Capitalなどが存在します。また、SKALEネットワークは、01NODE、Ankr、Anonstake、Audit One、Blockdaemon、Blockware、Chainflow、Chainode、Chorus One、Cypher Core、Dokia Capital、Figment Networks、FreshSkale、Hashed x DELIGHT、Hashquark、Staked、Stakin、Stake With Us、WolfEdge Capital、Staking Facilitiesなど、世界でもトップレベルといえる多くのバリデーターにサポートされています。さらにSKALEトークンは、Binance、Coinbase、FTX、Gemini、Huobi、OKExなど、世界25箇所の取引所に上場しています。

詳細については、www.skale.network、Twitterについては、@SkaleNetwork、Telegramについては、@skaleofficialをご覧ください。

参照先:https://skale.network/blog/applications-go-live-on-the-skale-network-highlighted-by-6-strategic-use-cases-which-will-bring-millions-of-users-to-the-skale-network/