市場は、大容量と高スループットを提供するSKALEネットワークのような低カーボン・フット・プリントのプルーフ・オブ・ステーク・ネットワークが市場で再注目されています。

サンフランシスコ - 2021年5月24日 - EthereumのDappsを低コストと優れたパフォーマンスで、より多くのユーザーに提供するために構築された、Ethereumのマルチチェーン・ネットワークであるSKALEネットワークは、本日SKLトークンの保有者が50倍に増加し、わずか4週間強で100万人を超えるまでに増加したことを発表しました。

分散型金融とNFTへの関心の高まりにより、Ethereumの利用は限界に達しています。その結果、ガス価格は劇的に上昇し、ユーザー体験は許容できないレベルにまで低下しました。また、直近の不安定な市場と電力を大量に消費する環境に優しくないプルーフ・オブ・ワーク・ブロックチェーンからの集中的なシフトにより、大容量かつ高スループットを提供するプルーフ・オブ・ステーク・ネットワークに最適な環境が作られました。

SKALE Labsの共同設立者のCEOであるJack O’Holleran氏は「暗号資産市場には大きな浮き沈みのサイクルがあり、最高のチーム、プロジェクト、コミュニティはこれを理解しており、常に中長期的な目標に向かって推進しています。また、私たちが今目にしているような市場の混乱、成熟、そして消費者の採用の増加は、悪いプロジェクトから目に見える価値を提供するプロジェクトへとマインドシェアに変化が起きています。 やがて市場は大きく成長するが、そのシェアを持つトークンやプロジェクトの数は減少していくと考えています。言い換えれば、勝者は大きく勝ち、その勝者は作り手であり、SKLトークンはその大部分を占めていると思います」と語っています。

ブロックチェーン・アプリケーションのイノベーションからメインストリームへの導入までのキャズムを越えることは、常に究極の目標のようなものです。そのためには、すべてのブロックチェーン利用者の摩擦を取り除く必要があります。これは、ウォレット機能の強化、本人認証、モバイル認証、フィアットのオン/オフランプ、エンタープライズのアクセシビリティ、政府の見解や法律の進化などを意味します。 SKALEネットワークは、開発者やプロジェクトに対して、それらのDappsやテクノロジーを実現し、Ethereumのパワーとビジョンを何十億人ものユーザーに届けるために必要な基盤を提供します。

SKALEは、未来のブロックチェーン・ネットワークです。SKALEチェーンは単一のブロックチェーンやサイドチェーンではなく、Dappsやプロジェクトのニーズに応じて拡張または縮小可能なEthereum上の調整されたマルチチェーンです。SKALEチェーンは、1/2秒未満のブロックタイムの実行、チェーン毎に非常に高いTPSの実行、フルステート・スマートコントラクトの実行、分散型ストレージのサポート、ロールアップの実行、EVMでの機械学習などが可能です。将来的には何万ものSKALEチェーンが目に見えない形でシームレスに稼働し、インターネット・オブ・ブロックチェーンが形成されることでしょう。

詳細はこちら:

SKALEを利用したプロジェクトに興味のあるDapp開発者の方は、SKALE innovator programにご応募ください。

DappsをSKALEにデプロイするためのドキュメントは、Developer Portalにあります。

SKALEのSKLトークンの詳細については、SKLトークンページをご覧ください。

SKALEについて

SKALEはEthereumネイティブのマルチチェーン・ネットワークであり、開発者は独自のDapps固有の完全に分散化されたブロックチェーンを簡単に提供することができます。これらのSKALEチェーンは、1/2秒未満のブロックタイムの実行、チェーン毎に非常に高いTPSの実行、フルステート・スマートコントラクトの実行、分散型ストレージのサポート、ロールアップの実行、EVMでの機械学習などが可能です。SKALEネットワークは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くSKALE Labs, Inc.を含む多くの貢献者からなるオープンソースプロジェクトです。SKALEネットワークの支援者には、Arrington Capital、Blockchange、ConsenSys Labs、Hashed、HashKey、Floodgate、Multicoin Capital、Recruit Holdings、Signia VP、Winklevoss Capitalなどが存在します。SKALEネットワークは、01NODE, Ankr, Anonstake, Audit One, Blockdaemon, Blockware, Chainflow, Chainode, Chorus One, Cypher Core, Dokia Capital, Figment Networks,  FreshSkale, Hashed x DELIGHT, Hashquark, Staked, Stakin, Stake With Us, WolfEdge Capital、Staking機能など、世界の多くのトップバリデーターによってサポートされています。SKALEネットワークは、Binance、Coinbase、FTX、Gemini、Huobi、OKExなどを含む25の取引所にリストされているSKLトークンを使用します。詳細についてはwww.skale.network、Twitterでは@SkaleNetwork、Telegramでは@skaleofficialをご覧ください。

参照先:https://skale.network/blog/skale-network-grows-token-holders-by-50x-to-over-1000000/