SKALEフェーズ2の分散型メインネットは、世界90ヶ国に広がる4,000人以上のユーザーから総額8,000万ドル以上がロックされた状態で稼働しています。

このネットワークには1,000以上の分散型SKALEイラスティックチェーンの推定容量を持ち、それぞれがEthereumブロックチェーン全体のスループットと1秒以下のブロックタイムを維持しています。

サンフランシスコ - 2020年10月1日 - Ethereum Dappsをより低コストで多くのユーザーへのスケールアップを支援するために構築されたサービスであるSKALEネットワークは、分散型メインネットのフェーズ2にて、総額8,000万ドル以上がロックされた状態で稼働していることを発表しました。

90ヶ国の約4,000人のグローバルな集団が、46のバリデーターオペレーターにまたがる135のSKALEネットワークノードを確保しています。これは、これまでのブロックチェーンネットワークのローンチにおける分散化の取り組みの1つであり、ネットワークのセキュリティプールをバックアップすることで、報酬を獲得するためのトークンホルダーに対する成功モデルを表しています。

SKALE LabsのCEO兼共同創業者であるJack O'Holleran氏は、「分散化されたウェブの一部となるには素晴らしい時代です」と述べています。さらに、「私たちは、業界の観点から見て非常に大きな何らかのスタート地点に立っています。SKALEネットワークによる真の分散型ネットワークのローンチによって、大きな物語の一部となることを確認できるのは驚くべきことです。SKALEの経済モデルは、DeFiが流動性をプールする方法に似た方法でセキュリティをプールするため、バリデータとデリゲーターは参加するインセンティブがあります。しかし、プールに流動性を提供することで報酬を獲得するのではなく、SKLをステークすることで、DeFi、ゲーム、ウェブの3つのアプリケーションを実行するSKALEチェーンにプルーフ・オブ・ステークセキュリティを提供するため、トークンホルダーは報酬を獲得することができます。」と付け加えています。

Ethereumの手数料が過去最高値を記録し、ネットワークの混雑が大幅な遅延を生み出しているため、これらの問題を緩和するソリューションの必要性が指数関数的に高まっています。DeFi、ゲーム、ウェブの3つのアプリケーションは勢いを増しており、必然的に採用が停滞することになる可能性があるものの、そのような最悪のタイミングは訪れませんでした。SKALEネットワークのフェーズ2のローンチは、Ethereumが急成長した人気を回復し、今後数年で10億人に到達するための土台を構築しました。

SKALEは、開発者に完全で堅牢な環境を提供し、Ethereumエコシステム全体との統合性とコンポーザビリティを維持しながら、Ethereumブロックチェーンの大規模な成長をサポートするように構築されています。取引量を緩和し、取引コストを劇的に下げることで、開発者は消費者の高い要求に応えるDappsを市場に投入することができ、それによってEthereumの利用が飛躍的に拡大するためのステージを設定します。

SKALEネットワークは、プルーフ・オブ・ステークに対して洗練された効果的なアプローチを提供しています。バリデータとデリゲーターはこのアプローチにおいて重要な役割を果たし、SKALEネットワークの拡張性と安全で経済的な効率性を保証します。また、SKALEネットワークはコンテナ化と仮想化を利用して、1つのサーバーノードを最大128個の仮想化サブノードに変換します。このユニークなネットワーク設計は、ノードプールの潜在的なサイズを拡大し、ネットワーク代表者がこの成長に参加する機会を提供します。

SKALEの最初のエポックは2020年10月1日に開始され、各SKALEエポックはネットワーク活動の1ヶ月の暦期間に相当します。

SKALEについて

SKALEはイラスティックブロックチェーンネットワークでは、開発者はEthereumと即座に互換性のある高度に設定可能な完全な分散型ブロックチェーンを簡単にプロビジョニングできるようになります。SKALEチェーンは、1秒以下のブロックタイム、1チェーンあたり最大2,000tps、フルステートのスマートコントラクトの実行、分散型ストレージのサポート、ロールアップの実行、EVMによる機械学習を実行することができます。SKALEネットワークは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くSKALE Labs, Inc.をはじめとする多くのコントリビュータが参加するオープンソースプロジェクトです。SKALEネットワークのサポーターには、Blockchange、ConsenSys Labs、Hashed、HashKey、Floodgate、Multicoin Capital、Recruit Holdings、Signia VP、Winklevoss Capitalが含まれます。SKALEネットワークは、01NODE, Ankr, Anonstake, Audit One, Blockdaemon, Blockware, Chainflow, Chainode, Chorus One, Cypher Core, Dokia Capital, Figment,  FreshSkale, Hashed x DELIGHT, Hashquark, NGC Ventures, Networks, Staked, Stakin, Stake With Us, WolfEdge Capitalなどの世界のトップバリデータと、主要なインフラプレイヤーであるBison Trailsによってサポートされています。詳細については、www.skale.network、Twitterでは@SkaleNetwork、telegramでは@skaleofficialをご覧ください。

N.O.D.E.財団&Anstaltについて

Network of Decentralized Economics(N.O.D.E.)財団は、SKALEネットワークのオープンソースプロジェクトを支援することを使命とし、リヒテンシュタインを拠点とする非営利団体です。同財団は、子会社であるN.O.D.E. Anstaltによってサポートされています。また、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く SKALE Labs, Inc.を含む多くの組織によって財団はサポートされています。SKALE Labsは、SKALEネットワークの成長と採用を促進するために、オープンソースコード、コミュニティの成長、およびその他の主要な取り組みに貢献することで、SKALEネットワークにサポートを提供しています。