個人のデジタル・アイデンティティを保護し、誰がいつ何の情報にアクセスできるかをコントロールすることは、分散化に不可欠な要素です。デジタルIDは、文字通り、銀行、医療記録、投票、政府による給付、教育、その他多くの重要なサービスへのアクセスを可能にするものです。最終的には、デジタルIDは個人によるすべてのデジタル体験へのゲートウェイとして機能し、社会的および経済的なエンパワーメントを可能にします。欧州の主要国を含む30ヶ国が、国家的なeIDプログラムを発表および実施しています。インドでは、国家的なeID計画のユーザー数が10億人を突破しました。

これは、オンライン・アイデンティティの力を個人に回帰させることであり、分散化された世界の最優先事項です。Guerは、権限の分散化、暗号化されたアイデンティティ、そしてより優れたセキュリティを備えた、ウェブトラフィックを保護するためのプロトコルを構築します。Guerは、私たちのデジタルフットプリントを本当の意味で管理することを目的としており、サードパーティやサービスから解放されたデジタル・アイデンティティに根ざした、より優れた暗号化の必要性を理解しています。一元化されたサービスに依存しないプライバシーとアイデンティティを実現し、その基盤を維持するためにWeb3はこのプロトコルを使用します。

Web3では、金融からストレージまであらゆるものが分散化されていますが、通信のセキュリティを確保する方法は非常に中央集権的で、1995年以降ほとんど変わらないインフラストラクチャーに依存しています。Web3は、トランスポート層のセキュリティをアップグレードしない限り、フィッシング、中間者攻撃、サービス拒否、マルウェアなど、中央集権的なクラウドの脆弱性の多くを引き継ぐことになります。Guerは、Web3の開発者と協力して、後方互換性を維持しながら、分散型のWeb3ネイティブセキュリティを採用し、Web2.0への移行を進めています。

SKALEを選択した理由について

TL;DR
SKALEは分散性や耐障害性を犠牲にすることなく、他のネットワークよりも速く、安全で、信頼性が高く、低コストです。

Guerプロトコルは、ブロックチェーンの耐障害性、透明性、分散性に基づいて構築されています。SKALEの超高速スループットにより、EVMとの互換性を保ちつつ、プロトコルを実用化することができます。SKALEのSGXを使用することで、Guerプロトコルは、トラストレス、ステートレス、分散化を維持しながらセッションキーを生成・配布することができます。また、SKALEはプロトコルの実行層としても機能し、ID認証や鍵の配布などのサービスを実現します。

Dappカテゴリー:分散型 Web // インフラストラクチャー // セキュリティ + プライバシー // データ管理

GuerはどのようなSKALEの機能を利用していますか?

SKALEはEthereumとの互換性があるため、導入および移行が簡単です。SGXを使用することで、分散型ウェブに安全かつリモートで計算する手段を提供します。SKALEチェーンのカスタマイズ性は、開発に合わせて新技術を採用できるため、自信を持って開発を進めることができます。最後に、当社のSKALEチェーンに対するコストの安定性と予測可能性は、特にEthereumのガス料金が変動したり高額になったりした場合に、テストや運用の信頼性を高めます。

Guer - SKALEについて:

Skaleチームは、プライバシーとデフォルトで利便性と機能を共存するための選択肢を与え、Web3のビジョンを常に共有していました。Skaleチームと一緒に仕事ができたことを誇りに思うとともに、サポートに感謝し、Web3を実現するためのネットワーク構築に取り組む姿勢に感銘を受けています。

Guer.co CEO兼創業者 - James Bourque氏

プロジェクトの詳細については、以下を参照してください。

Website: http://guer.co

Substack: https://guer.substack.com/

Twitter: https://twitter.com/guer_co

参照先:https://skale.network/blog/skale-guer/