SKALEコミュニティがSKLをステーキングする際、ネットワークの安全を確保する上で、より強固なリソースを提供することは非常に重要です。そこで、SKALEの次のパートナーであるFigment、そしてSKALEのインフラストラクチャー・プロバイダであるSKALE Hubbleを紹介します。カナダに拠点を置き、世界中の顧客にサービスを提供しているFigmentは、カナダ最大のブロックチェーン・ステーキングおよびインフラストラクチャー・プロバイダです。Figmentの使命は、ブロックチェーン技術を使用して良いインターネットを構築することです。また、ユーザーが自由に交流、共有、協力およびトラストレスな環境で商品やサービスを交換できる、真の意味での分散型インターネットを構想しています。彼らは、トークン保有者や開発者がインフラ、ミドルウェア、アプリケーション層でブロックチェーンを使用し、構築することを簡単にするソリューションを提供しています。

Hubbleは、バリデーターやトークン保有者がWeb3プロトコルを探索したり、相互連携するために使用するプラットフォームです。Hubbleは、単にプロトコルデータを表示するのではなく、利用可能なプロトコルデータを強化することで、ブロック・エクスプローラーのあるべき姿を再定義しています。目標は、トークン保有者や開発者がサポートするすべてのブロックチェーンにおいて、使い慣れた体験を提供することです。バリデーターは、SKALE Hubbleを使用してパフォーマンスの監視、プロポーザル管理、デリゲーターの貴重なインサイトを取得することができます。トークン保有者は、SKALE Hubbleを使用して報酬を追跡し、バリデーターを選択する際の判断に使用することができます。それはSKALEトークン保有者がステーキングを計画する際のデータハブとなります。

Hubbleは現在10種類のProof of Stakeプロトコルで利用可能で、今年の第1四半期にはSKALEでも利用可能になる予定です。コミュニティメンバーは、開発者の教育を目的としたFigment Learnと呼ばれる製品を利用することもできます。

Hubbleの主な特徴は以下の通りです:

1. バリデーターのデリゲーション分析では、毎日/毎週のロールアップで受け取ったデリゲーションを追跡します。

2. デリゲーション・トランザクション・ビューア

3. アカウント・ビューア

4. オンチェーン・イベントをサブスクリプションし、メール通知を受け取るためのイベント設定

5. グローバルフィード

SKALEを選択した理由について

私たちは以前からSKALEを研究しており、SKALEネットワークを積極的に検証しています。SKALEは単純なレイヤー2ソリューションではなく、将来的には独自の多様なエコシステムを開発すると考えています。目に見えて簡単にアクセス可能なブロックチェーンデータは、分散型エコシステムの鍵となります。これが、SKALEエコシステムのためのWeb3エクスプローラーであるHubbleを構築した理由です。

Dappカテゴリー:Web3エクスプローラー

FigmentはどのようなSKALE機能を利用しているのでしょうか?

トークン保有者がバリデーターを選択する際に、情報に基づいて決定を下すために必要なデータを提供します。

Figment - SKALEについて:

Cronk, CPO at Figment
「SKALE上にHubbleをローンチし、デリゲーション分析とバリデーター情報をコミュニティに提供できることを嬉しく思います。今後のリリースでは、より多くの機能が追加される予定です。」
Figment CPO - Andrew Cronk

プロジェクトの詳細についてはこちらをご覧ください:

Website: https://figment.io/

Telegram: https://t.me/StakingHub

Twitter: @figment_io

参照先:https://skale.network/blog/skale-figment-hubble/