SKALEネットワークは、プルーフ・オブ・ステークに対して高度で効果的なアプローチを提供します。ネットワーク・セキュリティを強化するために、ランダムなノード選択と頻繁なノード回転を組み合わせて、大規模にプールされたセキュリティモデル(プール検証モデル)を使用します。バリデーターとデリゲーターはこのアプローチで重要な役割を果たし、SKALEネットワークがスケーラブルで、安全で、経済的に効率的であることを保証します。SKALEネットワークは、コンテナ化と仮想化を利用して、単一のサーバノードを最大128の仮想化されたサブノードに変えます。この独自のネットワーク設計により、ノードプールの潜在的なサイズが増加し、ネットワーク・デリゲーターがこの成長に参加する機会が生まれます。

このハブの情報は、ConsenSys Codefiを有効化した後のSKLトークンのローンチに参加した新しいトークン所有者を対象としています。これは、トークンのロック解除プロセスの要件であるプルーフ・オブ・ユースについて理解し、容易に達成できるようにすることを目的としています。

ハブで見つける

  1. 重要な日付と期間 - プルーフ・オブ・ユースの期間を含む。
  2. デリゲーター・リソース - 報酬計算、ConsenSys Codefiを有効化した後のステークキングガイド、バリデーターエコノミクスなど。
  3. 確認済みバリデーターのリスト - 有効化されたプラットフォームでも利用可能。
  4. デリゲーターのよくある質問 - これは包括的なもののため、質問があれば、おそらくカバーされているでしょう。
  5. SKALE技術の簡単な概要 - 特にネットワーク・デリゲーターに関する説明。

プルーフ・オブ・ユースの概要:プルーフ・オブ・ユースは、ConsenSys Codefi で有効化されたプラットフォーム上のSKLトークンセールに参加するための条件であり、各参加者はトークンを受け取る前に、最低60日間、トークンの50%以上を承認された1人以上のバリデーターにデリゲーションする必要があります。このデリゲーション期間中、すべてのデリゲーターはデリゲーションされたトークンに対してステーキング報酬を受け取ることができます。(報酬計算はこちらを参照してください)認可されたSKALEネットワークバリデーターへのデリゲーションは、有効化されたプラットフォームを統合して簡単に行うことができます。

1. デリゲーション / ステーキング - 重要な期間

2020年9月24日(午後9時 UTC)- パブリックセール参加者へのトークン配布

2020年9月28日 - トークンのパブリックセール参加者のための推奨ステ―キング/デリゲーション期間

2020年10月1日 - フェーズ2 SKALEメインネットライブ、ステ―キングライブ、9月末までにバリデーターによるデリゲーション、トークンのプルーフ・オブ・ユースの開始。

2020年11月30日 - オプション - トークンのデリゲーションを解除。

2020年12月1日 - プルーフ・オブ・ユースを満たし(少なくとも50%が最低60日間ステークされている)、その後11月30日以前にデリゲーションされていないトークンは譲渡することができます。

重要な注意:すべての時間はUTCの終了時間です。関連するすべてのトランザクションは、終了前にEthereumメインネットで処理される必要があります。 なるべく早めにトランザクションを送信してください。

デリゲーションとプルーフ・オブ・ユースのタイムライン(PDFはこちら):

2. デリゲーターのリソース

デリゲートを行う方法:

有効化されたプラットフォーム上のアカウントを介して、トークンをデリゲーションしたり、デリゲーションを解除することができます。

https://activate.codefi.network/skale-network-launch-partner

報酬計算:

https://activate.codefi.network/skale-network-launch-partner

デリゲーション/ステーキングガイド:

https://codefi.consensys.net/blog/activate-claiming-and-staking-guide

ConsenSys 有効化されたステーキングのよくある質問:

https://activateteam.zendesk.com/hc/en-us/sections/360007508452-FAQ-SKALE-Staking

SKALEバリデーターの紹介:

https://skale.network/blog/validator-list-for-skale/

SKALEネットワークのバリデーターエコノミクス:

https://skale.network/blog/validator-economics/

Telegramチャンネルの有効化

https://t.me/StakeSKLonActivate

SKALEトークンアドレス

https://etherscan.io/token/0x00c83aecc790e8a4453e5dd3b0b4b3680501a7a7

SKALEテクノロジー:

3. 有効化されたプラットフォーム上で利用可能なバリデーター(あとでHubbleとAnthemでも利用可能)

2020年9月24日から有効化:

Hubble、Anthemなどのプラットフォームで今年後半に利用可能になる予定です(メインネット Phase2のローンチのため有効化できません):

注意:バリデーターを検討する際には、ご自身で調査を行い、十分な注意を払ってください。バリデーターは、自らの事業を運営し、義務の履行についてデリゲーターが直接責任を負います。

4.デリゲーションのよくある質問

  • 有効化されたプラットフォームにおける「プルーフ・オブ・ユース」の要件は何ですか?

プルーフ・オブ・ユースとは、ConsenSys Codefiを有効化した後のローンチ参加者のための要件であり、パブリック・ローンチされた際に購入したSKLトークンの一定割合を有効化したプラットフォームを通じてSKALEネットワーク上で積極的にデリゲーション/ステークした後、トークンのロックを解除する必要があります。プルーフ・オブ・ユースの要件を満たし、トークンを受け取れるようにするためには、パブリック・ローンチの参加者はトークンの50%以上を最低60日間デリゲーション/ステークしなければなりません。トークンの量に関わらず、プルーフ・オブ・ユースの要件を満たすまでは、ユーザーのトークンの100%がロックされることにご注意ください。

  • ステーキング期間中にデリゲーター/ステーク報酬を獲得することができますか?ステーキングの報酬にはどのようなものがありますか?

はい、デリゲーション/ステークされたトークンに対して報酬を獲得することができます。報酬計算は、https://activate.codefi.network/skaleから確認することができます。

  • 有効化されたプラットフォーム上でSKLトークンをデリゲーションするにはどうすれば良いですか?

トークン所有者は、有効化されたプラットフォーム上のインターフェースを使用して、承認されたバリデーターにトークンをデリゲーションすることができます。バリデーターのリストは、2020年9月21日の週に予定されているトークン配布までに有効化することができるようになります。

  • エポックとは何ですか?

SKALE上の1つのエポックは、ネットワーク・アクティビティの1ヶ月の暦期間に相当します。バリデーターとデリゲーターの報酬は、各エポックの終了後に計算され、分配されます。エポックは毎月1日に始まり、毎月末日に終了します。デリゲーション期間はエポックよりも長くなることがありますのでご注意ください。

  • ウォレットから直接デリゲーションできますか?

SKLトークンはERC-777規格に基づいて構築されています。ERC-20規格と完全な下位互換性があり、トークンレベルでのデリゲーションをサポートしています。この互換性は、他のプルーフ・オブ・ステークのネットワーク上にスマートコントラクトにトークンを送る必要がなく、ウォレット(メタマスクなど)から直接デリゲーションすることができることを意味します。

  • 12月1日にトークンを受け取るためには、いつデリゲーションすると良いですか?

バリデーターによって承認され、2020年10月1日から始まるステーキング・エポックに含まれるためには、2020年9月28日(推奨日)までにSKLトークンの50%以上のデリゲーションを提出する必要があります。プルーフ・オブ・ユースは、50%以上のトークンをデリゲーションしてから60日後に満たされます。

  • 2020年10月1日以降にデリゲーションを開始するとどうなりますか?

10月1日から始まるエポックのデリゲーション期間を過ぎてしまうと、次のエポックは11月1日から始まります。10月のどの時点でもデリゲーションを提出することができ、バリデーターは次のエポックのためにデリゲーションを受け入れることができます。(繰り返しになりますが、2020年10月28日までに提出することを推奨します)月の開始前に受理されても、次のエポックの開始(2020年11月1日)までにステ―キングは行われないことにご注意ください。この場合のプルーフ・オブ・ユースの期間は、2021年1月1日午前12時00分(UTC)のステーキング開始から60日後に終了します。

同様に、11月1日から始まるエポックのデリゲーション期間を過ぎた場合、次のエポックは12月1日から開始します。この場合は、2020年12月1日から始まる60日間のプルーフ・オブ・ユースの期間が適用されますが、11月のどの時点でもデリゲーションになるための提出をすることができます。

  • デリゲーション期間の途中で、デリゲーションを解除しても良いですか?

あなたはいつでもSKLトークンのデリゲーションを解除することができますが、最初の60日間のプルーフ・オブ・ユースのデリゲーション期間が終了し、トークンのロックが解除されるまでは、デリゲーションの解除は有効になりません。一度デリゲーションが解除されたトークンは、デリゲーションのロックが終了し、現在のエポックを完了した後にトークンを受け取ることができます。例えば、10月1日のエポック(または任意のデリゲーション期間の初日)に間に合うようにトークンがデリゲーションされている場合、トークン保持者はデリゲーション期間の終了前であればいつでもデリゲーションの解除を要求することができます。プルーフ・オブ・ユース期間(または任意のデリゲーション期間)が終了すると、トークンのロックは解除され、デリゲーションは解除されます。

  • トークンは次の期間に自動的に再デリゲーションされますか?

はい。トークン保持者がデリゲーション解除の要求を提出しない限り、デリゲーションされたトークンはデリゲーション期間の終了後に再デリゲーションされます。トークン保持者は、トークンのデリゲーションを解除するまでの間、デリゲーションの報酬を受け取ることができます。

  • デリゲーション期間はどのくらいですか?

プルーフ・オブ・ユースのデリゲーション要件であるデリゲーション期間は 2ヶ月です。トークンのロックが解除されると、デリゲーション期間は1つのエポック(すなわち暦月)で短くすることができます。

  • デリゲーション / デリゲーション解除依頼の手数料はどうなりますか?

デリゲーション依頼の手数料は約500K Gweiです。(9月14日時点で約35ドル)デリゲーション解除の手数料は約280K Gweiです。これは、一日中変動する、ETH価格とETHネットワークの負荷に依存します。SKALEは、ウォレットから直接安全なデリゲーションを可能にしながら、デリゲーション価格の最適化に努めています。比較的スマートコントラクトは複雑で手数料は数千Gweiになる可能性がありました。そのため、安全なトランザクション・フローを提供しつつ、処理コストを削減することに焦点が集まりました。

  • 有効化されたプラットフォーム上のバリデーターを選択してトークンをデリゲーションできるのはいつですか?

バリデーターのリストは、SKLトークン配布時に有効化されたプラットフォームで利用可能になります。

  • バリデーターは、リクエストが提出された後、またはステーキングが開始された後に手数料を変更することができますか?

いいえ。プルーフ・オブ・ユースの期間中は手数料の変更ができません。

  • 他のバリデーターの方が手数料が低い場合、バリデーターを変更することはできますか?

はい。デリゲーションが承認されていない場合は可能です。その場合、トークン所有者はキャンセルして新しいバリデーターを選択することができます。

しかし、デリゲーションが承認された場合、まずデリゲーターはデリゲーションの解除を行い、次のエポックの開始後、別のバリデーターにデリゲーションを依頼しなければなりません(これまでの期限を守るのがベストです)。残念ながら、1ヶ月目はトークン所有者がバリデーターを変更したい場合、ステークを行うことができません。これは将来的に変更される予定ですが、私たちはこのプロセスで開始しています。

  • 「アンボンディング」期間とは何ですか?

アンボンディング期間はありません。デリゲーション期間だけがあり、デリゲーション解除を要求する場合は、デリゲーション期間が終了するまで待つ必要があります。

  • デリゲーションの最低金額は決められていますか?

プルーフ・オブ・ユースの要件を満たした後、SKALEプロトコルでは、デリゲーターの最低デリゲーション/ステーキング金額量は設定されていません。

  • デリゲーション/ステーキングの最低期間は決められていますか?

はい。最低でも2エポック(2ヶ月)のデリゲーション/ステーキング期間があります。SKALEは後日、6ヶ月と12ヶ月の期間を可能にする予定です。

  • ステーキングのリスクとは何ですか?

SKALEのメインネットフェーズ2(10月1日より開始)では、バリデーターのパフォーマンスが悪ければ報酬が減額されるため、ステークへのリスクは最小限に抑えられます。これには、少なくとも96%の稼働率が要求されるSKALEの要件が含まれます。SKALEネットワークに参加するために選ばれたバリデーターのアップタイムは99%または100%であり、 報酬減額のリスクは非常に低いです。

SKALEメインネットフェーズ3以降では、バリデーターが悪意のある行動をとった場合にはステークがスラッシュされることになります。しかし、許可されたノードフェーズでは、SKALEは質の高いバリデーターと連携しているため、スラッシングが発生する可能性は非常に低いと考えられます。SKALEメインネットフェーズ4では、ネットワークが完全にオープンでパーミッションレスになると、スラッシングが実行されます。スラッシングの存在は、悪意のある行動を控えるようバリデーターの動機付けとなり、デリゲーターが適切なデューデリジェンスを行い、質の高いノードに対してステーキングするように動機付けられるはずです。

  • バリデーターはどのようなペナルティを課せられるのですか?

ペナルティには2つのタイプがあります。1つ目は悪意のある行動で、スラッシングが100%実行されます。

2つ目は、パフォーマンスが低い場合の報酬減額です。バリデーターが24時間以上オフラインになっていたり、レイテンシーが高い場合は、報酬減額のペナルティが発生します。重要な注意事項 - 最も厳しいペナルティ(スラッシング)は、SKALEメインネットフェーズ2(2020年10月1日)の間は適用されません。

  • バリデーターがペナルティを受けるとどうなりますか? スラッシングとは何ですか? スラッシングは可逆的なものですか?

SKALEは、経験豊富で複数のネットワークで優れた評価を得ているバリデーターのコミュニティと連携しています。もちろん、SKALEがDappsをオンボードする際には、スラッシングの条件があります。スラッシングが有効になっている場合、バリデーターが二重署名をしたり、悪意のある行動をとった場合、その人のトークンとデリゲートされたトークンがスラッシングされます。手順としては、スラッシングが発生する前にトークンはエスクロー・コントラクトに預けられ、バリデーターが本当に悪意のある行動をしようとしたのか、それともコードの問題なのか分析が行われます。コミュニティの代表者が悪意のある行為を発見できなかった場合は、デリゲーションされたトークンは返金されます。しかし、バリデーターが悪意のある行為を行った場合は、 バリデーターとデリゲーターの両方にペナルティが課せられます。

  • トークンをどのバリデーターにデリゲーションするかはデリゲーターの自由ですか?

デリゲーターは、登録されているSKALEバリデーターにトークンをデリゲーションすることができます。デリゲーターがバリデーターを選択する際の注目すべき主な要素としては、ノードのパフォーマンス(SLA)、バリデーターが設定する手数料率、バリデーターの評判などがあります。バリデーターを調査し、リスクを理解した後(スラッシング)、デリゲーションするトークン数と、どのバリデーターと提携するかを決定することができます。なお、バリデーターは個別のデリゲーションを拒否することも、すべて受け付けることもできます。デリゲーションを実行した後(推奨日である9月28日までに提出してください)、自分のデリゲーションが受け入れられたかどうかを確認してください。

  • 複数のバリデーターにデリゲーションすることはできますか?

はい。複数のバリデーターにデリゲーションすることができます。しかし、Ethereumメインネット上で手数料が発生するため、デリゲーションする度に手数料を支払う必要があります。手数料の詳細については、上記の回答を参照してください。

  • デリゲーション可能なSKALEバリデーターはどのように調べるのですか?

SKALEのバリデーターリストは上記の通りです。これらのバリデーターはすべて、トークン配布時に有効化されたプラットフォーム上で利用可能になります。

SKALEはネットワーク上のバリデーターの品質に大きな誇りを持っており、SKALEの初期バリデーターの多くはEth2.0にも対応しています。しかし、SKALEチームは特定のバリデーターを推奨しているわけではなく、その代わりに、情報に基づいた判断をするために、ご自身でバリデータのデューデリジェンスを行うことを推奨しています。

  • デリゲーターの報酬はどのように機能しますか?

SKLトークン所有者がバリデータにSKLトークンをデリゲーションすることを決定した場合、デリゲーターはデリゲーションしたトークン数、バリデーターが設定した手数料の割合、およびステークした期間に応じてトークン報酬を獲得します。

当初は、2ヶ月間のエポックとそれに付随する報酬のみを受け取ることができます。将来的には、トークンをステークする期間に応じてボーナスを受け取ることができます。これらのトークンは、選択したステーキング期間中はロックされます。一般的に、ステーキングのロック期間が長いほど、より高い報酬が得られます。これらの報酬は、各エポックの終了時に支払われ、清算されます。一度選択されると、ステークされたトークンは、コミットされた期間の終了時までロックされます。

5. ネットワーク・デリゲーター向けのSKALE技術の簡単な概要

SKALEはEthereumメインネットをルーツとし、次のように動作します:バリデーターやデリゲーターからのステーク、開発者からのお支払い、SKALEトークンのインフレーションはすべてEthereumメインネット上で動作します。これらはすべてメインネット上のスマートコントラクトによってコントロールされ、各SKALEノードと連携します。

このアプローチは、メインネットの相互作用を使用して検証や不正証明を実行しようとする他のレイヤー2モデルとは異なります。SKALEは、強固で信頼性の高いレイヤー2ネットワークの構築に適した方法で、ステーキングやその他の機械的オペレーションにEthereumメインネットを使用します。

参照先:https://skale.network/blog/delegators/