どのような技術カテゴリーでも成熟するにつれ、様々な技術が存在し、ピースをつなぐ接着剤の役割を果たし、信じられないほど重要になってきます。この接着剤はミドルウェアと呼ばれることもあり、ブロックチェーンの世界でロイヤリティを維持しながらデータから価値を引き出すための重要な要素となっています。次にご紹介するパートナーはCovalentです。Covalentは統一されたAPIを提供し、すべてのブロックチェーン・ネットワークにまたがる資産に完全な透明性と可視性をもたらします。Covalentの独自技術は、ウォレット、エクスチェンジ、カストディアン、タクセイション(課税業務)などの膨大なユースケースを解決する ”ノーコード” ソリューションです。APIにより、正規化および統一化され、細分化されたデータに簡単にアクセスすることができます。

DeFiは急成長の瀬戸際ではありますが、状況を理解しようとすると、至るところに盲点があります。価値の裏付けが難しいデジタル資産であり、DeFi上に分散投資された資産全体の価値を網羅的に把握しようとすると、既存のインフラとの統合に莫大なコストが発生します。Covalentは、統一されたAPIを提供し、すべてのブロックチェーン・ネットワークにまたがる資産に完全な透明性と可視性をもたらします。アナリストからトレーダーまで、機関投資家と小売業者まで、誰もがソリューションの恩恵を受けることができます。

Covalentは法人向けに特化しており、ウォレット、エクスチェンジ、カストディアン、タクセイション(課税業務)などの多様なユースケースをサポートする豊富なAPIを提供しています。Covalentは、エンジニアを必要としない、唯一のノーコード・ソリューションです。さらに、マルチチェーンの柔軟性とAPIによって提供される詳細で細分化されたデータにより、開発者はクエリコードなしでスケーラブルでデータ量の多いアプリケーションを迅速かつ容易に構築することができます。

SKALEを選択した理由について

レイヤー2ソリューションは、Ethereumで見られるスケーラビリティの課題を解決するためのステップです。これらの課題は、メインストリームの採用にとって大きな障壁となっており、CovalentとSKALEはこの課題を克服するために努力しています。Covalentは、SKALEが独自のエコシステムを発展させていく中で、レイヤー2ソリューション上のデータの透明性を高めることを楽しみにしています。

Dappカテゴリー:データインフラストラクチャー/ミドルウェア

CovalentはどのようなSKALEの機能を利用していますか?

Covalentは、Ethereum上の安価な取引手数料と高い取引処理能力を持つSKALEの活用を計画しています。

Covalent - SKALEについて:

「Covalentは、レイヤー2ソリューションの大いなる信奉者であり、SKALEはデジタル資産エコシステムの発展に向けた先駆者となる存在です。Covalentは、SKALEと共にプロジェクトを発展させていけることを嬉しく思っています。」
Covalent CEO - Ganesh Swami


プロジェクトの詳細については、以下を参照してください。

Website: http://covalenthq.com

Telegram: https://t.me/CovalentHQ

Twitter: https://twitter.com/Covalent_HQ

参照先:https://skale.network/blog/skale-covalent/