DeFiが2021年も支配し続けるというニュースではありませんが、2022年も、オーナーシップ経済の規模は大きくなると考えています。a16zの経歴を有するJessie Walden氏は最近、オーナーシップ経済について、「パーミッションレスかつ、グローバルな人材による貢献で成長する新世代のプラットフォーム」をどのように推進しているかについて記載しています。この分野における最もエキサイティングなユースケースの一つは、Braintrustだと考えています。Braintrustのクライアントには、Nestle、Deloitte、Blue Cross Blue Shield、Taskrabbitなどの巨大な企業がすでに存在しています。また、同社の人材マーケットプレイスは、招待制のプライベートベータ版にも関わらず、リリースからわずか1年で何百万ドルもの取引が行われ、クライアントの人材採用を促進しています。

Braintrustは、企業と人材の両方に利益をもたらすための、より良い仕事への向き合い方があると考えています。同社は、マーケットプレイスは単なる投資家だけでなく、サービスで生計を立てている人や依存している人が所有し、管理していくべきだと考え、ユーザーが管理する人材ネットワークを構築してきました。 基本的には、「ユーザーが管理するマーケットプレイスは、投資家が管理するマーケットプレイスよりも急速に成長し、より価値を高める」という信念を持っています。

そして、取引は可視化され、インセンティブは調整されるべきであり、これまで中間業者が搾取してきた巨額なマージンは排除される必要があります。つまり、人材はBraintrustが生み出す価値を維持し、企業は予算を大幅に削減しつつ、必要な一流の人材にアクセスすることができ、誰もが得するようになるということです。

SKALEを選択した理由について

SKALEは、Ethereumを悩ませている高コストと混雑の問題を解決し、手数料の支出を劇的に削減することができるため、Braintrustにとって優れたソリューションといえます。また、トランザクションが迅速かつ効率的に処理され、メインネットの活動の浮き沈みに左右されないことを保証しています。

Dappカテゴリー:人材ネットワーク

BraintrustはどのようなSKALEの機能を利用していますか?

Braintrustは、SKALEチェーンを利用して手数料を削減し、トランザクションの処理能力を高め、コミット時間を短縮します。さらに、BraintrustはSKALEネットワークの堅牢なセキュリティモデルを使用して、その利点を活かすことを考えています。


Braintrust - SKALEについて:

「一流の人材のネットワークが自分たちのプラットフォームを管理できるようにすることは、私たちの新しいネットワークモデルの成功にとって非常に重要です。これは、安全かつ、拡張可能で、急増するEthereum上の手数料を削減することができ、完全に分散化されたコミュニティの構築を可能とするインフラストラクチャー・ソリューションを選択することを意味します。SKALEとEthereumを併用することで、私たちはEthereumの強みを活用しながら、独自のDapp専用SKALEチェーンを通じて、Ethereumの弱点を緩和することができます。これは、将来のオーナーシップ経済の確立とWeb3.0におけるビジネスの民主化を支援する上で大きな一歩となります。」
Braintrust CEO - Adam Jackson氏


プロジェクトの詳細についてはこちらをご覧ください:

Web: https://www.usebraintrust.com/

Twitter: https://twitter.com/usebraintrust

参照先:https://skale.network/blog/skale-braintrust/