要約:

  • SKLのステーキング価値が暗号資産のトップ10に到達。
  • SKLは、Coinbase Pro、Coinbase、CoinList、Crypto.com、MetaMask Swapに上場しており、Coinbase Custodyにも対応。
  • ユースケース・マラソン(紹介)では、新たに19のDappsとパートナーを発表。
  • 2021年のSKALEプロダクト・ロードマップを発表。
  • 3回目となるAMAの開催、5回目のポッドキャスト配信。
  • SKALEのTelegramチャンネルが16ヶ国語に対応。

暗号資産におけるステーキング価値はトップ10へ

今年はコミュニティの皆さんにとって信じられないような1年でした。SKLが好調なだけでなく、SKALEネットワークも好調で、コアチームも成果を上げています。さらに嬉しいのは、この記事を書いている時点で、コミュニティが所有するオープンソースであるSKALE Networkは、Staking Rewards上のステーキング価値が暗号資産のトップ10(9位)にランクインしているということです。つまり、これ以上のステーキング価値を持つプロジェクトは、ETH2、Polkadot、Cardano、avalancheなどを含む、主要プロジェクト8件しか存在しないということです。このようなレベルで支持と分散化が進んでいるのは驚きです。

世界の主要取引所がSKLの取引をサポートへ

一流の取引所に上場することは小さなことではありません。彼らは別次元の存在であり、そのリーチはグローバルです。トークンのアンロックは、BinanceとHuobiがSKLの上場を選択した際に、すでに関心の高さを示していました。Uniswapもまた、非中央集権化の推進には必須でした。この60日間で、Coinbase Pro、Coinbase、CoinList、Crypto.com、MetaMask Swapへの上場が発表され、Coinbase Custody(大規模な機関が使用されている)によるSKLのサポートはいうまでもなく、次のレベルへと引き上げました。最近、CoinMarketCapで検索したところ、22社以上の異なる取引所がSKLを活発に取引していることがわかりました。これは世界的に大きな影響と成長をもたらしています。

ユースケース・マラソンによるDappとパートナーの紹介へ

インフラストラクチャー技術として、最先端のアプローチやエンタープライズグレードの機能を示すことは重要です。しかし、それ以上に重要なのは、SKALEを使用して素晴らしいことにチャレンジしているDappsやパートナーを紹介することです。SKALE Innovator Programには約100種類のDappsが存在しますが、先月から今後数年にわたってブロックチェーンやEthereumの導入を促進する主要なユースケースを代表する、興味深いプロジェクトをいくつか紹介したいと考えました。私たちは、Dappsとパートナーを含む異なる19社を紹介しました。

その中のいくつかを簡単に紹介します:

  • Chainlink:SKALEの開発者は、API統合により、広く利用され市場をリードする分散型オラクルネットワークであるChainlink(LINK)へのアクセスが可能になりました。
  • Minds:400万人以上の登録ユーザーを持つMindsは、すでに検閲機能を備えた分散型ソーシャルメディア・プラットフォームとして急成長を遂げています。今度はMindsがSKALEに登場します。
  • MetaMask:開発者は、MetMask APIを使用して、自身のDappに接続しているMetaMaskユーザーにSKALEを推奨オプションとして提供できるようになっただけではありません。MetaMaskユーザーは内蔵されたスワップ機能を使用して複数のDEX/CEXを検索し、ウォレットから直接SKLをスワップすることができます。
  • Human Protocol:HCaptchaで有名なHuman Protocolは、インターネットの10%、暗号資産コミュニティの10%で使用されており、今後数週間でレイバープールをSKALEチェーンに移行する予定です。
  • BrainTrust:すでに何百万ドルもの取引(クライアントが人材を採用すること)を処理している人材マーケットプレイスや、NestleやDeloitteなどのクライアントが存在していることは、普及しつつある巨大な機会を意味しています。オーナーシップ・エコノミーは、2022年に向けて巨大なカテゴリーになると思います。BrainTrustはSKALEを使用することに興奮しています。
  • CryptoCrusades:ゲーム市場は810億ドルもの市場規模があり、ブロックチェーンにおいても大きな市場になると考えられます。CryptoCrusadesは、最初となる完全でユニークなオンチェーンゲームを構築しました。複雑で奥の深いゲームプレイのすべての側面は、スマートコントラクトを利用して分散化およびオンチェーン化されています。CryptoCrusadesは、まもなくSKALEを利用します。
  • その他の素晴らしいDappsやパートナーについては、ブログをご覧ください。

2021年のプロダクト・ロードマップ

コミュニティに対する透明性は非常に重要です。オープンソースで、分散したコミュニティが所有するネットワークでは、それが必須条件です。そのため、コードとDappsのアップデートは定期的にYouTubeに投稿されています。また、SKALEはオープンソースであるため、コアチームの毎月の作業に関する概要をいつでもgithubで確認することができます。もう一つの重要な情報源は、SKALEの開発ビジョンを示した2021年のプロダクト・ロードマップです。 繰り返しになりますが、これはオープンソースであるため、誰でも開発に参加することができ、貢献することができます。SKALEはあなたのネットワークであり、私たちのネットワークでもあるのです。

3回目となるAMAの開催、5回目のポッドキャスト配信

多くの仕事がある中で忘れてはならないのが、情報発信の重要性です。私たちは、あなたがすべてのソーシャルメディア・チャンネルに参加いただき、可能な限りリツイート、リポスト、シェア、「いいね!」を行い、あなた自身のメッセージを通してSKALEのメッセージ(投稿)を拡散してほしいいと考えています。以下に最近のAMAやポッドキャストのリストを掲載しているため、聞いてみて、自分なりの結論を出してみてください。また、この言葉を世界中に広めることにもご協力ください・


また、"in news "では、SKALEが取り上げられたニュースを定期的に更新しているため、ぜひご覧ください。


KALEのTelegramチャンネルが16ヶ国語に対応へ

最後に、SKALEを世界的に広めるためには、その国の言語に対応する必要があります。そのために、アンバサダーが16ヶ国語でSKALEのTelegramチャンネルを運営することを発表しました。ぜひ参加して、お友達にも教えてあげてください。

メイングループ(公式) - https://t.me/skaleofficial
アナウンスメント・チャンネル(公式) - https://t.me/skalefoundation
ロシア語(公式) - https://t.me/SKALE_RU
スペイン語(公式) - https://t.me/SKALE_ESP
フランス語(公式) - https://t.me/SKALE_FR
トルコ語 - https://t.me/SKALE_TUR
アラビア語 - https://t.me/SKALE_AR
ドイツ語 - https://t.me/SKALE_DE
ポーランド語 - https://t.me/SKALE_PL
スウェーデン語 - https://t.me/SKALE_SWE
フィンランド語 - https://t.me/SKALE_FI
アフリカ(ヨルバ語/イグボ語) - https://t.me/SKALE_Africa
ベトナム語 - https://t.me/SKALE_VN
スリランカ(タミル語) - https://t.me/SKALE_LK
インドネシア語 - https://t.me/SKALE_ID
インド(ヒンディー語) - https://t.me/SKALE_India
中国語 - https://t.me/SKALE_CN

この記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。
そして、SKALEコミュニティへようこそ!

参照先:https://skale.network/blog/skale-in-2021/?fbclid=IwAR10xIN3SmtOJpba6j4iEyE29KHkz_37QEv1Yf8oLRNQVJFlMoCZsLZ4HjU