SKALE V2の提供に向けた準備で、私たちは事前のコード監査に全力をあげて取り組んでいます。私たちはそれを念頭に置き、社内およびConsenSys DiligenceやQuantstampなどの外部の第三者機関により、定期的かつ一貫性のある監査を実施しています。それどころか、セキュリティ・コンテスト開始を間もなく発表するのを楽しみにしています。

この一貫した監査プロセスの一部として、SKALEスマートコントラクトのコア開発者たちは、先ほど、IMA Bridgeにおける潜在的な脆弱性を発見しました。この一行のコードは、事前に発見し、修正しなければ、エクスプロイトとなる可能性があります。この問題を即座に抑制するため、DAOマルチシグホルダーはコード修正を実装しました。このコード修正により、その後の24〜48時間に素早く簡単な一行のコード修正が始まる一方で、IMA Bridgeの機能が一時停止されます。

今や脆弱性は修正され、抑制されました。更新され、再びブリッジを可能にする修正は、バリデータノード全体で完全に実装されるまでに24〜48時間かかることが予想されます。その間、SKALEのすべてのオンチェーントランザクションは正常に機能します。SKALE Chainのユーザーであれば、取引を続け、トランザクションを行うことができます。イーサリアムへの往復のブリッジを可能にする能力は、パッチが完全に実装されるとすぐに正常に維持されます。ブリッジ上に資産を持つすべてのユーザーがその資産が安全であることを確信できます。

透明性はSKALEコミュニティの中心的な価値です。SKALEは完全オープンソースプロジェクトであるため、すべての技術的変更はGitHub内で完全に見えるようになります。

これは主要イベントではなく、金融の影響が全くなかったと同時に、すべてのチェーンがアップグレードの間も十分に機能することになっているため、SKALEコミュニティの大きな勝利となりました。監査への尽力と注力が引き続き、より強力で安全なネットワークを構築するからです。私たちはこの先も監査のベストプラクティスを実践し、優秀な事前監査における最高の基準を設けるために努力していきます。

私たちは来月のV2提供開始を楽しみにしています!この勢いを維持しましょう。