SKALEネットワークは、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスモデルとノードの仮想化を利用して、あらゆる規模感のDappsに特化した高スループットチェーンを提供しています。チェーンの作成時には、大量のバリデーターの中から選ばれた16のバリデーターのセットがチェーンに割り当てられます。

SKALEノード

バリデータノードは、Ethereumのメインネットコントラクトによって制御されるランダムなプロセスを介してSKALEチェーンに割り当てられます。ブロックチェーンのコンセンサスの安全性は、ノードの頻繁なローテーションによって保護されています。これは、非決定的なスケジュールで1つまたは複数のチェーンからノードが削除され、新しいノードが頻繁に追加されることを意味しています。このローテーションは、ノードコアがメインネットに継続的にチェックインすることで行われます。つまり、メインネットコントラクトとそのランダムな選択と割り当てのアルゴリズムによって決定された通りに、現在のチェーンから抜け出し、新しいチェーンに接続して作業を行うことを意味します。

最初のプルーフ・オブ・ステークネットワークの設計では、セキュリティに重点を置いていませんでした。これらの初期ソリューションは、各チェーンに少数のバリデーターノードを固定的かつ普遍的に割り当てる傾向がありました。このような配置では、たとえステーキングを行ったとしても、アプリ開発者は次のコンセンサスモデルの深刻なリスクに直面します。それはつまり共謀、賄賂、取引の有効性を損なう他の悪意のある行動などのリスクを指します。

バリデーション層が正常に動作していることを確認するには、まずネットワークに多数のバリデーターノードが必要です。少数のノードで構成されるネットワークは、本質的にリスクが高く脆弱です。さらに、安全で堅牢なネットワークの要件として、1)ブロックチェーンのバリデーターセットをランダムに選択すること。2)チェーンに出入りするノードのローテーションを頻繁に行うことの2点が挙げられます。ランダム性とローテーションがなければ、バリデータの買収や、バリデータ間の賄賂や共謀のリスクが高まり、ネットワーク内のチェーンのセキュリティと整合性が大幅に低下します。

インセンティブとペナルティ

このレイヤーの最後の要件は、善良な行動へのインセンティブと、不適切な行動へのペナルティを与える適切なインセンティブ構造です。特定の動作しきい値以上で動作するバリデーターノードは、メインネットコントラクトによって計算されて支払われる一定量のトークンインフレーションを含め、エポックでネットワークが生成した手数料から利益を得ることができます。

バリデーターノードは、バリデーターとしての活動の一環として、SKALEネットワークに一定量のSKLトークンをステークする必要があります。ステーキングは、善良な行動を強制するものであり、もしバリデーターが共謀したり、ビザンチン攻撃を行ったりして摘発された場合はステーキング中の資産を失い、ネットワークから排除されます。

このようにプールされたバリデーションモデルでは、ランダムな選択と頻繁なノードローテーションを採用したモデルにおいて、サイドチェーンのバリデーターを強要・買収したりするには、悪質なアクターがネットワーク全体の2/3を事実上買収する必要があります。これをネットワーク全体の多数のノードで行うのは非常に困難です。SKALEのネットワークデザインは、これらの基本原則に基づいており、攻撃を阻止し、ネットワーク内の各チェーンにおけるトランザクションの完全性を維持することに直結しています。

SKALE + Ethereum

を結びつけたマルチチェーン・ネットワークです。SKALEネットワークは、このマルチチェーン・ネットワークで大規模なバリデーターノードを使用しています。これらのノードは、Ethereumのメインネット上で稼働する25以上のSKALEコントラクトを利用しています。これらのコントラクトは、チェーンの作成、バリデーターの登録、ノードの選択、ローテーション、ステーキング、トークンインフレーション、報酬の支払い、スラッシングなどのネットワーク機能を制御します。

SKALEネットワークは、Ethereumメインネットとの広範な連携を特徴としており、(詳しくはこちらのリンクを参照)効率的でスケーラブル、かつ共謀に強いバリデーターとセキュリティモデルを提供しています。また、ランダムなノード選択、ノードローテーション、適切なネットワーク経済性により、高いパフォーマンスと信頼性の高いトランザクション解決を実現しています。これは、主要な実行層およびWeb3クラウドサービスとして使用する上で重要な特性です。

参照先:https://skale.network/blog/pooled-validation-model-with-random-node-selection-and-frequent-node-rotation/