ConsenSys CodefiによるActivateは、分散型ネットワークのローンチのために設計された初のプラットフォームで、ひとつのアプリケーション内で顧客がトークンを購入、管理、使用することができます。今日、Activateは、その初の顧客であるSKALEと共に、近々SKALEネットワークをローンチすることを発表しました。このネットワークは、イーサリアムベースのdAppを安全にスケーリングするための分散型弾性ブロックチェーンプラットフォームです。

2019年10月に発表されたActivateは、トークンの購入・分配・利用用途に関して標準規格を設定することで、初期段階のネットワークの自律を支援します。Activateは、独自のプラットフォーム設計を採用し、トークンの販売時もしくは販売直後にネットワークが起動し、利用可能となり、参加者がすぐに開始できるように作られています。さらに、Activateは、参加者が受動的な投機目的のために単にトークンを運用するのを防ぎ、意図した目的のためにトークンを利用するよう促しています。

SKALEネットワークの場合、トークンホルダーが、ネットワーク上でバリデータを委任するか、バリデータとして貢献することで、ネットワークのセキュリティとスケーラビリティに貢献することを義務付けており、トークンホルダーはそれに基づく報酬を受け取ります。その目的は、意図した目的でトークンを使用するインセンティブを持った(また実際にプログラム面からも必要な)トークンホルダーの強固な基盤を作り上げ、2020年第2四半期のメインネットローンチを強化することにあります。

「レイヤー2スケーラビリティのソリューションは、イーサリアムに超光速のトランザクションスループットと柔軟性をもたらしています。SKALEネットワークは、スマートコントラクトの瞬時実行を可能にする、構成可能で低コストな開発者向けレイヤー2プラットフォームを有した、最先端のソリューションです。Activateは、公正かつ最大限に分散化したトークンネットワークの基準を設定する一方で、シームレスで一貫したバリデータとユーザーエクスペリエンスを提供し、全参加者がSKALEネットワーク、さらには将来の分散型ネットワークと有意義に対話することを可能にします」ConsenSysの創設者でイーサリアムの共同発案者であるジョセフ・ルービンはこう述べました。

SKALEネットワークは、開発者がイーサリアムと即時互換性のある構成可能な完全分散型チェーンを簡単にプロビジョニングできる、弾性ブロックチェーンネットワークです。SKALEチェーンは、EVMでの分散型ストレージと機械学習に加えて、各チェーンで毎秒2,000トランザクション(tps)以上という秒単位のブロック時間で稼働し、フルステートスマートコントラクトを実行することができます。現在、ゲームからDeFi、ストリーミング音楽など、35種類以上のdAppがSKALE上でビルドされています。

「社会的影響のあるdAppの構築に重点を置いているため、私たちは市場までのコストとスピードを特に重視しています。なぜならそれは、当社のdAppがより多くの人々のために、より迅速に役に立つことを意味しているからです。「私たちはハッカソンでSKALEチームに出会い、それから休む間もなく、従来よりごく僅かなGASコストで秒単位で実行できるトランザクションを目指して、取り組んできました」AliceのCTO、Jakub Wojciechowskiはそう述べました。

Activateを通じてローンチすることにより、SKALEネットワークは、セキュリティのさらなる非集中化、分散化を行い、Blockchange、ConsenSys Labs、Galaxy Digital、Hashed、HashKey、Floodgate、Multicoin Capital、Recruit Holdings、Signia Venture Partners、Winklevoss Capitalなど、ネットワークセキュリティへの参加実績のある強力なサポーター基盤の獲得を目指しています。 Jack O’HolleranとStan Kladkoという、数々の実績を有するベテランスタートアップソフトウェアエグゼクティブ2名の手により設立されたSKALEネットワークは、N.O.D.E. Foundationの支援を受けています。

Activateプラットフォームで行われる今後のトークンローンチへの参加を希望するユーザーは、トークン購入にひつような、検証と入札プロセスを完了することで開始できます。検証済みユーザーは、Activateの組み込みツールを利用することで、SKALEネットワークでのトランザクションの確認を担当するサードパーティの検証ツールを通じて、トークンの購入、管理、提供を行うことができます。トークンホルダーは、SKALEネットワークによって定められた、参加によるネットワークインセンティブとして報酬を得ることができます。Activateは、ユーザーが目的に合わせてトークンを利用できる直感的なインターフェイスにより、スムーズなエクスペリエンスを提供します。

SKALEネットワークの共同創設者であるJack O’Holleranは、「SKALEは元々、イーサリアム経済圏を10億人規模までスケーリングするという情熱から生まれたプロジェクトでした」と述べました。「Activateチームと話した結果、彼らのネットワークローンチを管理するためのアプローチが、開発者とネットワークの健全性を優先するという当社のコアバリューと一致することがすぐ分かりました。それは、トークンホルダーにとっての素晴らしいユーザーエクスペリエンス、チームやテクノロジーの徹底した精査、コアチームのインセンティブがネットワーク全体の健全性と一致していることを意味します。ConsenSys Codefiと協力して、ネットワークローンチの成功がいかにしてすべての人々にプラスとして働くかをお示しするのを楽しみにしています。」

キャンセル待ちリストへの登録方法

ActivateでのSKALEトークンのローンチに先駆け、事前登録とアカウント作成をたった数秒で行いましょう。その後、ユーザーは必須の本人確認義務とID認証を実施する、簡単なオンボーディングプロセスへと案内されます。認証成功後、ユーザーは、SKALEネットワークとSKALEトークンへの理解度を確認するために設計された、短いチュートリアルを完了する必要があります。上記ステップを完了すると、ユーザーは、SKALEトークンのローンチが開始された際に参加できるようになります。

このプロセスを正常に完了した適格なユーザーのみが、ライブでのトークンローンチに参加できます。

ConsenSysについて

ConsenSysは、世界最大級のブロックチェーン企業のひとつで、イーサリアムネットワークに動力を供給するツール、インフラストラクチャ、アプリケーションの構築を行っています。2014年の創設以来、消費者製品、ステーブルコイン、不動産、金融商品など幅広い種類のデジタル資産数十億ドル分をトークン化し、数百億ドルもの資金をブロックチェーンベースのトランザクションに供給してきました。当社のアプリケーションを通じて、中央銀行や大手金融機関から、イーサリアムメインネットの開発者や小売ユーザーに至るまで、何十万人ものユーザーにサービスを提供してきました。ConsenSysは、ツールとサービスで構成される「オペレーティングシステム」Codefiを構築、立ち上げました。これにより、金融機関や大企業から起業家、開発者、分散型ネットワークまでどんな人でも、インフラストラクチャや製造、バリューチェーンの分散による商業金融分野でのデジタル革命の恩恵を得ることのできます。Codefi は、イーサリアムに基づいて構築され、ビジネスプロセス、支払い、および株式、ローン、不動産などの資産をデジタル化する機能を提供します。

SKALEについて

SKALEネットワークは、開発者がイーサリアムと即時互換性のある構成可能な完全分散型チェーンを簡単にプロビジョニングできる、弾性ブロックチェーンネットワークです。SKALEチェーンは、EVMでの分散型ストレージと機械学習に加えて、各チェーンで毎秒2,000トランザクション(tps)以上という秒単位のブロック時間で稼働し、フルステートスマートコントラクトを実行することができます。SKALEネットワークは、カリフォルニア州サンフランシスコとウクライナのハルキウ州にオフィスを構えるSKALE Labs, Inc.を含んだ、多くの支援者からなるオープンソースプロジェクトです。SKALEネットワークのサポーターには、Blockchange、ConsenSys Labs、Hashed、HashKey、Floodgate、Multicoin Capital、Recruit Holdings、Signia VP、Winklevoss Capitalなどがあります。SKALEネットワークは、Blockware、ConsenSys、Certus.One、Chorus One、Dokia、Figment Networks、Hashed、Staked、StakewithUs、Stake Xなどの世界のトップバリデータ、およびインフラストラクチャ分野の大企業であるBison Trailsの支援を受けています。詳細はwww.skale.network、Twitterアカウント @SkaleNetwork、telegramアカウント @skaleofficial まで。

N.O.D.E. FoundationおよびN.O.D.E. Anstaltについて

Network of Decentralized Economics(N.O.D.E.)Foundationは、SKALEネットワークオープンソースプロジェクトを支援するために創設された、リヒテンシュタインに拠点を置く非営利団体です。 本財団は、財団の子会社であるN.O.D.E. Anstaltの支援を受けています。本財団はまた、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くSKALE Labs, Inc.によって支援されています。SKALE Labsは、オープンソースコード、コミュニティの成長、SKALEネットワークの成長と採用を促すその他の重要な取り組みに貢献することで、ネットワークへの支援を提供しています。