SKALE Networkは、イーサリアムの実行レイヤーとして最も明確なWeb3機能を提供します。それは小規模、中規模、および大規模なSKALEチェーンに対応しています。各SKALEチェーンは、イーサリアムメインネットに接続され互換性があり、1秒間に最大2,000件の取引に対応し、EVMと完全互換性があり、コミット時間の短縮と運用コストの大幅な低減を実現します。

主な機能として、EVM互換性、Solidity言語の完全対応、ランダムなノード割り当てと頻繁なノードローテーションによるネットワークセキュリティを強化するプール型検証モデル、イーサリアムメインネット上で動作する25以上の運用可能なスマートコントラクトなどがあります。これらのスマートコントラクトは、チェーンの生成、バリデータの登録、ノードの選択、ノードのローテーション、ステーキング、報奨金の支払い、スラッシングなど、ネットワークの機能を制御します。イーサリアムメインネットとの互換性と接続性の組み合わせにより、Dapp開発者、プロトコル設計者、そしてその他の暗号ベースのビルダー向けの高スループット実行レイヤーとしてのSKALEの有効性を高めています。

イーサリアムEVMとの互換性

SKALE実行モデルはイーサリアム仮想マシン(EVM)と完全に互換性があるため、イーサリアムメインネット上で実行されるスマートコントラクトはSKALEネットワーク上でも実行可能です。スマートコントラクトを書き換えたり移植したりする必要はありません。EVM用に書かれたものはすべてSKALE上で実行できます。そのため、開発者は段階的にSKALEチェーンに移行することができます。つまり、ニーズやメリットがあるかどうかによってスマートコントラクトを個別にSKALEに移行することができます。

Solidityに対応

SKALE Networkは、契約言語としてSolidityを採用しているため、開発者は新しい言語を習得する必要がありません。Solidityは、スマートコントラクトを実装するためのオブジェクト指向の高水準言語です。C++、Python、JavaScriptの影響を受けており、イーサリアム仮想マシン (EVM) をターゲットに設計されています。

開発者ツールに対応

SolidityとEVMに対応していることで、他のイーサリアム開発ツールとの共通性も実現します。開発者はイーサリアムメインネットで作業するときと同じツールを使用できます。web3.jsやweb3.pyによるネットワークへの接続や、TruffleやRemixといったツールの使用も可能です。

トークンに対応

SKALEネットワークは、ETH、ERC20、ERC721、ERC1155、Daiなど主要なイーサリアムトークン規格にすべて対応しています。インターチェーンメッセージングや、デポジットボックスとトークンクローンは、SKALEネットワークでのトークン運用の整合性と忠実性を保証します。

Common Walletに対応

SKALE Networkは、多くの主要な暗号通貨ウォレットやブラウザのプラグインやブリッジに対応しています。これにはBitski、Magic、Metamask、Portis、Torusなどが含まれます。これらのインターフェースコンポーネントはコミュニティで高く評価されており、何千人もの開発者が使用しています。

まとめ

イーサリアムは、開発者の牽引力とエコシステムの成長という点で、明らかに圧倒的なリードを獲得しています。SKALE Networkがイーサリアムと相互接続していることは、開発者がイーサリアム上でSKALEをシームレスかつスムーズに開発できることを意味します。SKALE Networkとイーサリアムの組み合わせは、強力でスケーラブルなソリューションであり、ユーザーの普及、分散型ソリューションの急速な増加、Web3の発展をもたらします。