SKALEとEthereumは強力な相乗効果を生み出し、SKALEネットワークの成功はEthereumネットワークの成功を意味します。この記事では、ネットワーク間の技術的な関係を掘り下げ、それがネットワーク間の手数料、機能性、価値の獲得にどのような影響を与えることができるのかについてまとめていきます。

SKALEネットワークは、EthereumとSKALEノードの両方で構築されています。SKALEネットワークの運用・管理・運営の大部分は、Ethereumのメインネット上で実行されるスマートコントラクトによって実行されます。これらのコントラクトは、SKALEのエラスティック・チェーン・ネットワークを構成するアプリケーション固有のチェーンを容易にする、仮想化されたSKALEノードとサブノードを管理・制御します。さらに、ERC-777規格を用いて発行されたSKLトークンのステーキング、チェーン手数料、スラッシング、ガバナンスはEthereumのメインネット上で行われます。これにより、SKALEネットワークはEthereum dAppsのスケーラビリティのサポートにコミットすることができます。SKALEネットワークは、Ethereumオーケストレーション・ブロックチェーン・ネットワークと言えるでしょう。

このように、2つのネットワークは、機能レベルだけでなく、分散型の手数料生成や価値獲得の観点からも相互に利益を得ることができます。 EthereumのメインネットがSKALEをサポートすることで、Ethereumは手数料の発生という形で価値を獲得します。この相互作用は、パートナーシップの新しいモデルとしてだけでなく、分散的に収益を共有する革新的なモデルとしてユニークです。あるネットワークの分散型事業者は、別のネットワークの開発者、ユーザー、分散型事業者から自律的に報酬を得ています(とても良い!)。

SKALEはEthereumが価値を高めるのに役立ち、EthereumはSKALEにとって役に立っています。いうまでもなく、多くの統合や相乗効果の点でメリットがあります。この記事では、ネットワーク間の相互作用モデルを具体的な機能の観点から説明し、ネットワーク手数料に関してどのような意味があるのかを説明していきます。

EthereumがSKALEネットワークから価値を得るための4つの方法

SKALEネットワークは、Ethereumネットワークと密接に結びついており、実行レイヤーとして動作します。開発者は、SKALEネットワークを利用して、安全性とセキュリティを損なうことなく、分散化、高速化、低コスト化を実現した独自のアプリケーションとしてEthereum互換ブロックチェーン(SKALEチェーン)を実行します。SKALEは、Ethereumネットワークに深く根ざしたセキュリティモデルに加え、仮想化されたサブノードのランダムな選択と頻繁なローテーションに加え、プールされたバリデーターモデルを使用することでこれを実現しています。

ここでは、SKALEがEthereumに新たな価値の獲得をもたらす4つの異なる方法と、その結果としてのSKALEのメリットを紹介します。

SKALEチェーンの作成

アプリケーションがSKALEチェーンをセットアップする際には、Ethereumメインネット上のSKALEマネージャー・スマートコントラクトを通じてリクエストを送信します。Ethereumメインネットは、SKALEノードと連携してSKALEネットワーク内のノードのサブセットをランダムに選択し、そのリソースをアプリケーションに割り当てます。このような場合、チェーンスポンサー(アプリケーション開発者)は、計算を安全に実行し、データの記録を維持するためにEthereumメインネットに支払いをする必要があります。これにより、SKALEチェーンが作成されるたびにEthereumに手数料が発生し、また、SKALEネットワークにチェーンをセットアップする際に最高のセキュリティを提供します。

Ethereum上で稼働しているSKALEマネージャー・コントラクトはこちらからご覧いただけます: https://github.com/skalenetwork/skale-manager

SKLトークンの機能

SKLトークンは、SKALEネットワークがSKALEチェーンのプロビジョニングや支払いに使用するユーティリティ・トークンです。また、SKLトークンは、ネットワークを動かすノードの運用・保守を行うバリデーターへの報酬や、バリデーターがノードを保護するための基盤として使用されます。(ノードごとに一定数のトークンをステーキングすることで)バリデーターへの報酬は毎月のエポックの一部として発生し、インフレーション額が計算されてバリデーター(およびデリゲーター)に支払われる報酬金に含まれます。デリゲーションは、デリゲーターがバリデーターにSKLトークンを提供して、バリデーターの報酬の一部を受け取るという形で実行されます。 また、ノードはお互いのオペレーションを監視し、ノードのパフォーマンスを報告します。ノードのパフォーマンスが低い場合や悪質な場合には、トークンのスラッシュが行われることもあります。最後に、SKLトークンはチェーン上の投票に使用され、SKALEネットワークのすべての経済パラメータをコントロールします。

SKLトークンに関連するすべてのオペレーションは、Ethereumメインネットとの接続や管理状態に関係しています。バリデーター、デリゲーター、スポンサーのステーキングはすべてEthereumメインネットに直接ステーキングされます。これらのステーキング・オペレーションにはEthereumの手数料が発生しますが、これは多くの人がステーキング / ステーキング解除ですでに認識していることです(手数料削減 / 手数料の最適化は進行中)。毎月のインフレーションとバリデーターに対する報酬の支払いは、メインネット上のSKALEスマートコントラクトによって実行され、Ethereumの手数料が発生します。デリゲーターのオペレーションは、スラッシングやその他のガバナンスオペレーションと同様に、メインネット上で実行されます。つまり、ほとんどすべてのトークン・オペレーションとステーキングは、Ethereumのメインネット上で実行され、レイヤー1としての整合性が確保されています。さらに、これらのトークン・オペレーションは、手数料という形でEthereumをサポートしていることにも覚えておいてください。

SKALEチェーン内のノード・ローテーション

SKALEネットワークでは、各SKALEチェーンを保護するプルーフ・オブ・ステークモデルを基礎として、ランダムなノード選択および頻繁なノード・ローテーションと共にプールされたバリデーターのセットを使用します。この独自のアプローチは、重要なバリデーターのステーキングとEthereum上のオペレーションを組み合わせて、SKALEのセキュリティモデルのコアを形成します。ノード・ローテーションは、バリデーターによってサポートされ、バリデーターがネットワークから受け取る報酬から支払われます。上記のオペレーションと同様に、ノード・ローテーションはメインネット上のSKALEスマートコントラクトによって稼働し、バリデーターからの報酬は、これらのETHベースのオペレーションの資金となります。

なお、ノード・ローテーションは複雑な作業です。仮想化とコンテナ化に関する2部構成のブログシリーズ(こちらでご覧いただけます)に詳細な情報が記載されています。SKALEでは、ノードローテションのためにLinuxスナップショットを使用しているものの、チェーン上では新しいブロックの生成が継続しているため、ノードを完全に同期させるに、いくつかのキャッチアップ手順を実行する必要があります。これは、アイスホッケーの試合中に選手を交代させるのと似ています。タイムアウトの代わりに、1人の選手が退場し、別の選手がスケートに入場することで、その場で選手を交代させます。しかし、ここでの違いは、それぞれの新しいサブノードは、それが置き換えられているサブノードの正確なクローンであるということです。1ローテーションごとに手数料が発生します。

チェーン間メッセージとトークン転送

EthereumとSKALEのもう一つの共通点は、ネットワーク間のアセットの転送です。通貨やアセットをEthereumからSKALEチェーンに転送させたり、逆にSKALEチェーンからEthereumに転送するたびに手数料が発生します。これらの手数料はメインネットに支払われます。(メインネット上のコントラクトは、入金ボックスやロックボックスのような形で転送を管理しています)これにより、メインネットのマイナーやバリデーターに発生する「分散型収益」が継続的に提供されます。

SKALEを実行レイヤーとして利用することは、開発者、エンドユーザー、Ethereumメインネットオペレーターにとって大きなメリットがあります。開発者は、SKALEネットワークに参加することで、サブ・セカンドファイナリティと手数料無料で、独自の分散型Ethereum互換ブロックチェーンにアクセスすることができます。ユーザーはメインネットでは通常不可能なアプリケーションやプロトコルのやり取りを、より高速で安価に行うことができます。メインネット・オペレーターは、SKALEネットワークの運営で発生する手数料の恩恵を受けつつ、Ethereumのキャパシティを増やすことができます。SKALEのユーザーや開発者が増えることは、Ethereumのユーザーや開発者、そして手数料が増えることを意味します。

このように、SKALEの成功がEthereumの成功につながる方法はたくさんあります。こちらでは、その一部をご紹介します。

実行レイヤーとしてのSKALEと、レイヤー1としてのSKALE

Ethereumには多くの手数料が発生することを考えると、なぜSKALEは別のレイヤー1ブロックチェーン上で構築するのではなく、Ethereum上で構築するのかと疑問に感じます。その答えは比較的単純で3つの要素があります。

  1. SKALEのコアチームとコミュニティは、Ethereumエコシステムの成功を目指しています。私たちはEthereumコミュニティの一員であり、Ethereumに成功と成長をもたらすために取り組んでいます。
  2. Ethereumエコシステムは活況を呈しており、開発者の数が競合するネットワークをはるかに凌駕しているため、これは絶対的にベストなビジネス戦略であると考えています。私は、ブロックチェーンの未来は、主にEthereumの互換性と相互運用性であると考えています。Ethereumのエコシステムを構築し、Ethereumの成功にコミットすることは、現在、そして今後数年間において、賢明な決断です。
  3. SKALEネットワークは、Ethereumエコシステムのツール、コード、プロトコル、規格によって成長しています。SKALEはまさに巨人の肩の上に構築されているようなもので、素晴らしいエコシステムから恩恵を受け、またそれを享受することができるのです。 詳細は以下の通りです…

SKALE + Ethereumの相乗効果について

  • SKALEの実行モデルはEthereumバーチャルマシン(EVM)と完全な互換性があり、Ethereumメインネット上で実行されるスマートコントラクトをSKALEネットワーク上でも実行することができます。また、SKALEネットワークはSolidityを採用しているため、開発者は新たなコントラクト言語を学ぶ必要がありません。
  • Ethereum開発者向けツールのサポートは、EVMやsolidityだけではありません。開発者は、Ethereumメインネット上で開発する際と同じツールを使用することができます。web3.jsやweb3.pyを使用したネットワークへの接続や、TruffleやRemixの使用も可能です。SKALEネットワークは、ETH、ERC20、ERC721、ERC777、Daiなど、すべての主要なEthereumトークンの規格をサポートしています。また、チェーン間メッセージング、入金ボックス、トークン・クローンにより、SKALEネットワーク上でのトークンオペレーションの整合性と忠実性を保証しています。
  • Fortmatic、Metamask、Portis、Torusなどの主要な暗号化ウォレット、認証プロバイダ、およびブラウザプラグインもサポートされています。これらのインターフェース・コンポーネントは、コミュニティで高く評価され、何千人もの開発者によって使用されています。

SKALEはEthereumとの密接な関係と互換性によって多くの利益を得ていますが、それはすべて、広範囲に及ぶ革新的なDappsやプロトコルに高スループットのWeb3ベースのトランザクション処理を提供するためです。SKALEネットワークの最終的な目標は、Ethereumを何十億人ものユーザーに提供することです。

概要

私たちは、SKALEとEthereumの間には素晴らしい相乗効果があると心から信じています。ETH + SKALEの最も重要な目的とメリットは、開発者を支援し、ユーザーやアプリケーションのコミュニティを成長させることです。 また、両ネットワークのオペレーターやユーザーが、完全に自律分散した方法で取引を行い、価値に応じた報酬を得ることができる、分散型の手数料共有モデルにも期待しています。

2021年は、分散型アプリケーションとスマートコントラクトの成長と牽引力が飛躍的に伸びる年になるでしょう。SKALEコミュニティは、この成長を促進するために尽力しています。

参照先:https://skale.network/blog/ethereum-skale-mutual-value-capture/?fbclid=IwAR2iCefI7AODSKykmW3WaxaUVBt9xggddg41smYAAlobnMChsuqPQ5ew11o